後遺障害とは

交通事故に遭い、治療を行ったとしても、完全に完治しないケースもあります。
将来ずっと、後遺障害に悩まされる人たちも少なくはありません。

まず、医師が、これ以上の回復を求める事が出来ないと判断した場合、それを、症状固定という言い方をします。
症状固定となり、傷害から、後遺障害の損害賠償へと移行する形になります。
これは、後遺障害の認定です。 医師の診断を受け、後遺障害診断書と言ったものが必要になります。
ほとんどのケースでは書類審査オンリーなので、この後遺障害診断書こそ具体的に医師に記入してもらうようにしてください。
その為に症状をはっきりと伝える事が必要です。

後遺障害等級表の何級に該当するかは、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所が決めます。
後遺障害の認定とは、医学的判断というよりも、法律的判断が多く占められているものでもあります。
もしも、結果が疑問という時は、損害保険会社に対して異議の申立てを行う事も出来ます。
そして、専門医や、日弁連が推薦している弁護士らが参加している自賠責保険審査会の審査を受けることができます。 後遺障害等級には、1級から14級まであります。
ここで労働能力がどの程度なのか細かく部類分けされています。

そして、後遺障害の損害賠償は、どの程度の仕事が制限されたかによって起こる、逸失利益と、精神的苦痛によって起こる、慰謝料の2つに分けられます。

このような問題で、弁護士にお願いするケースも増えています。
その理由は、それでも保険会社が、労働能力喪失割合を少なく見積もりしたり、労働能力喪失期間を短く見積もったりする事があるからです。
次はもう少し、逸失利益、慰謝料というものを分けて、説明します。
それは、車に乗る者、乗らない者、共通している大事な問題です。



《後遺障害関連情報》
交通事故で負った後遺障害の認定手続きを弁護士にお願いできるサイトです >>> 弁護士 後遺障害

Copyright © 2014 後遺障害の重さはどうやって決まる? All Rights Reserved.